やがて懐かしき喫茶道

純喫茶とコーヒーが大好きな管理人の喫茶店訪問記。

【西東京市】珈琲館 くすの樹【再々訪】

先日、また調布方面に出かける用事があり、『くすの樹』に再々訪できたのでご紹介。

f:id:juneflyday:20181129235151j:plain

この日は秋晴れで、昼間のくすの樹は初めて来ました。相棒で映ったそのままの姿ですな。

 

f:id:juneflyday:20181129235152j:plain

f:id:juneflyday:20181129235153j:plain

店の前には木々が生い茂った小川があり、良い具合に紅葉していました。

 

f:id:juneflyday:20181129235154j:plain

このショットも相棒で出てきます。左側のとんがり屋根の筒状の建物は「シャトー」と言うらしく、貸会議室などに使われているとか。

 

f:id:juneflyday:20181129235155j:plain

秋晴れと紅葉した蔦、良い組み合わせ。

 

f:id:juneflyday:20181129235156j:plain

紅葉とレンガ造りが何とも雰囲気があります。

 

f:id:juneflyday:20181129235810p:plain

相棒のシーンを引っ張り出してきましたが、そのまんまでしょう。笑


f:id:juneflyday:20181129235201j:plain

今回は、一階の中央席に座ってみました。ここは、念願の神戸君と右京さんも座った席

f:id:juneflyday:20181129235811p:plain

 

f:id:juneflyday:20181129235157j:plain

昼間でも良い意味で薄暗い店内。ランプが相変わらず味がある。

 

f:id:juneflyday:20181129235158j:plain

 

f:id:juneflyday:20181129235200j:plain

この日はランチとして訪れたので、BLTサンド(¥850)を注文。パンが良い塩梅に焼かれ、ベーコンも質が良いものを使っているのはすぐにわかりました。付け合わせのポテトはおそらく既製品かなw

 

f:id:juneflyday:20181129235204j:plain

珈琲は食後なので軽めのソフトブレンドを。

 

f:id:juneflyday:20181129235159j:plain

ここの席からは、奥の厨房が見えます。ドラマでは、この奥で働くマスターは、以前に右京さんに逮捕され、出所後この店を引き継いだという設定。

 

f:id:juneflyday:20181129235809p:plain

相棒 Season10から6年が経とうとしていますが、変わってないのですな。

 

f:id:juneflyday:20181129235202j:plain

人がいない瞬間を狙って撮っていましたが、平日の昼間にも関わらず常連客も多いよう。撮影に苦労しましたw

 

f:id:juneflyday:20181129235203j:plain

f:id:juneflyday:20181129235205j:plain

来年1月から、残念ながら営業終了が早まり、19時までになってしまうそう。夜は夜で味があるこのお店、相棒ファンも喫茶店ファンも楽しめる貴重な存在だけに、ぜひ末永く存続してほしいところ。

 

店舗情報

営業時間 9:00~22:00(2018年1月より9:00-19:00)

定休日 不定休(店舗ホームページにて事前に告知あり)

電話 0422-55-4450

住所 東京都西東京市新町5-19-10

最寄駅 JR中央線 武蔵境、東小金井(車、バイク、自転車がおすすめ)

喫煙 全面禁煙

Wi-Fi あり

クレジットカード 不可

店舗ホームページ http://cafe-kusunoki.com/

 

【西東京市】珈琲館 くすの樹【再訪】

前回ご紹介した『くすの樹』さん、先日再訪したので再度取り上げます。

f:id:juneflyday:20181121232422j:plain

ドラマ『相棒』で1話ごとロケ地として使われたこともあるこちら、一度行って以来再訪のチャンスを狙っていましたが、先日の旅行の帰り道に通るので寄ってみることにしました。

 

▼前回の記事はこちら 

www.kissado.club

 

f:id:juneflyday:20181121232423j:plain

この日は11月と言えど10℃を下回り、相変わらずのレンガ造りが、寒空に温かさを吹き込んでくれるかのよう。

 

f:id:juneflyday:20181121232424j:plain

実は「くすの樹」さんには二階席があり、前回は見ることができなかったので、今回覗いてみることに。お好きな席にと案内されるので、二階席でもいいですかと聞くと、もちろんどうぞと。素晴らしいサービスです。

続きを読む

【西東京市】珈琲館 くすの樹

今回は、ドラマ『相棒』でガッツリとロケ地になった喫茶店をご紹介。久々の更新となってしまいました。

f:id:juneflyday:20180728191651j:plain

相棒は私の大好きなドラマの一つで、しばしば素敵な喫茶店がロケ地として使われます。その中でも、今回の「くすの樹」は1話の中に何度も登場しており、ここを中心にストーリーが展開していきます。

登場回 Season10-14について詳しくは↓のサイトが詳しいです。

www.inudenchi.com

 

f:id:juneflyday:20180728191652j:plain

劇中では、登場人物がマスターをしている設定になっているこちらの喫茶店、名前はそのまま使われており、レンガ造りの雰囲気が気になり行ってみることに。

続きを読む

【門前仲町】カフェ東亜サプライ

前回の記事からいつの間にやら半年も経ってしまったが、ここ最近素敵な喫茶店を見つけたので、しれっとご紹介。

 

今回は門前仲町の『カフェ東亜サプライ』さん。

 

門前仲町と言えば、下町ながら都心にもほど近く、専ら人口増加中の江東区の繁華街。場所は永代通り清澄通りが交わる門前仲町交差点、何度か通るうちに一際目立つその店構えが気になり、訪れてみることに。

f:id:juneflyday:20180616005417j:plain

地下鉄の出口すぐ、交差点の一画ということで、鉄道利用者にもドライバーにもわかりやすい立地。

 

f:id:juneflyday:20180616005441j:plain

交差点「門前仲町」に行かれれば、そのレンガ造りの建物と赤い看板がすぐ目につくだろう。

 

f:id:juneflyday:20180616005440j:plain

どんな内装なのか、入口を入ると中もレンガ造りと電球色のランプと、早速胸躍る雰囲気。

 

f:id:juneflyday:20180616005439j:plain

入口の階段から雰囲気満点。

 

f:id:juneflyday:20180616005421j:plain

f:id:juneflyday:20180616005420j:plain

f:id:juneflyday:20180616005425j:plain

インテリアとしては正統派純喫茶ながらも、良く手入れがされ清潔を保っているという印象。古い漫画が積み増ししてあったりヤニで汚れた椅子というディープな純喫茶とは一線を画している

 

f:id:juneflyday:20180616005429j:plain

f:id:juneflyday:20180616005430j:plain

椅子もランプも良く手入れがされていて、汚い喫茶店はちょっと…という方でも難なく受け入れられる内装だろう。それでいて、電球色のランプと外から差し込む日差しによって、なんともノスタルジックな空間になっているから不思議なのだ。

 

f:id:juneflyday:20180616005427j:plain

ワインレッドの椅子、少し年季の入ったテーブル。こういう雰囲気はいくらカフェチェーンが真似ても絶対に出せないと私は確信している(本当にw)。

 

f:id:juneflyday:20180616005433j:plain

この日はランチの食事付きコーヒー(¥800)を注文。食事にはオムライスを選択。

 

f:id:juneflyday:20180616005434j:plain

出来合いではない、その場で調理したどこか懐かしい味のオムライス。

 

f:id:juneflyday:20180616005435j:plain

食後のコーヒーはレイコーで。苦味がしっかり効いていて、この点も本格喫茶ならではだろう。

 

f:id:juneflyday:20180616005438j:plain

こちらでは自社仕入れのコーヒー豆も販売しているらしい。

 

f:id:juneflyday:20180616005442j:plain

チェーン店のように綺麗過ぎず、かといって薄汚い印象はなくちょうど良い稀有な喫茶店だった。門前仲町へお越しの際はぜひどうぞ。

 

店舗情報

営業時間 9:00~17:30

定休日 月曜日

電話 03-3641-7159

住所 東京都江東区門前仲町1-7-9 地下鉄ビル 2F

最寄駅 東京メトロ東西線都営地下鉄大江戸線 門前仲町

喫煙 分煙

Wi-Fi なし

クレジットカード 不可

【御徒町・上野】丘

このところ仕事が立て込んでおり、放置してしまってましたがボチボチ再開。実は最近喫茶店にも行けていないのだが・・、やっと仕事のほうもひと段落したので喫茶店巡りと記事更新を細々と始めようかという所存。

 

今回は御徒町名喫茶「丘」をご紹介。

  

f:id:juneflyday:20170605003915j:plain

御徒町界隈で純喫茶といえばこのお店、というくらいの有名どころ。入口からして場末感と昭和感がたまりません。立地はちょうど上野駅御徒町駅の中間、山手線ガード沿い。

 

f:id:juneflyday:20170605003918j:plain

お店は地下。ワインレッドの絨毯と暗めの照明が雰囲気をそそる。

 

f:id:juneflyday:20170605003917j:plain

日焼けしきったメニューも、こういうお店だと味が出てくるから不思議。

 

f:id:juneflyday:20170605003919j:plain

内部は電球色の照明と茶色のインテリアで統一。

 

f:id:juneflyday:20170605003921j:plain

この薄暗い照明と年季の入ったソファー、たまりません。

 

f:id:juneflyday:20170605003922j:plain

f:id:juneflyday:20170605003923j:plain

名喫茶には名シャンデリアあり!とでも言わんばかりのシャンデリア。

 

f:id:juneflyday:20170605003920j:plain

ここではウィンナーコーヒーを注文。甘みはないので、甘みが欲しい方は砂糖を入れましょう。

 

f:id:juneflyday:20170605003924j:plain

雰囲気そのものは抜群だけど、接客がバタついた印象があったのがやや残念。ここはお客がタイムスリップする空間。もっとスローでビターな接客を期待してます。

 

店舗情報

営業時間 9:00~17:30

定休日 月曜日

電話 03-3835-4401

住所 東京都台東区上野6-5-3 尾中ビル B1F

最寄駅 JR・東京メトロ 御徒町上野駅

喫煙 全面喫煙可

Wi-Fi なし

クレジットカード 不可

【町屋・三河島】光栄軒

今回は、番外編ということで、懐かしの中華料理屋をご紹介。実はこちらは、知る人ぞ知る大食いの名店でもあったりするので、先日腹を空かせて行ってきた。

 

f:id:juneflyday:20170608115238j:plain

食堂の名前は、その名も「光栄軒」。場所は町屋と三河島のちょうど中間くらい。

入口に所狭しと並べられた食材が大食い店を物語っている(?)。

 

f:id:juneflyday:20170608115236j:plain

中は刑事ドラマに出てきそうな、いかにも昭和な中華料理屋。

 

f:id:juneflyday:20170608115237j:plain

個人店としては豊富なメニュー。ちゃっかり消費税は8%表記になっている。ネットでは、この他にも裏メニューがいくつかあるらしいとの噂。

 

f:id:juneflyday:20170608115232j:plain

看板メニューでもある炒飯を注文。普通盛りでも十分多いとのことだったので、普通盛りを頼んでみた。

 

f:id:juneflyday:20170608115233j:plain

写真だとわかりずらいが、確かに多い。直径25㎝くらいの皿に、溢れんばかりの米がのっていてバーミヤンの炒飯の3倍はあろうかという量。聞くところによると、並みが2.5合、大盛りは4合らしい。

 

f:id:juneflyday:20170608115222j:plain

味はいわゆる「街の中華屋さん」というような、スタンダードな炒飯。若干脂が濃いめだろうか? 私は炒飯を食べるとき、味に飽きたり脂が多いときは酢をかけて食べています。

 

f:id:juneflyday:20170608115223j:plain

割と大食いだと自負しているものの、さすがに半分食べたあたりから多く感じ始め、最後はほぼ流し込んでいる状態に…。

 

f:id:juneflyday:20170608115224j:plain

昼を抜いて行ったものの、これはなかなかパンチの効いた量でした。でもこの量を今時550円で出してしまうのは凄いと思ってしまったし、ここはわざわざ腹を空かせてまた行きたいと思わせる何かがある店でした。

 

アクセス

f:id:juneflyday:20170608115225j:plain

アクセスについては、最寄りは町屋駅三河島からも歩けるが、若干町屋駅のほうが近い。

 

f:id:juneflyday:20170608115226j:plain

町屋駅は千代田線、京成、都電の3路線が交差する駅なのでわかりずらいが、町屋駅を出たらとにかく南を目指して歩きましょう。写真はメトロ町屋駅から歩いて京成の高架下をくぐったところ。

 

f:id:juneflyday:20170608115234j:plain

しばらく歩くと、三菱電機の建物が見えてくるので、横の道をひたすら南下すれば到着できる。

 

f:id:juneflyday:20170608115235j:plain

どこか懐かしい雰囲気漂う荒川区の住宅街。この道を10分ほど歩くと、左手に赤い「光栄軒」の看板が見えてくる。

 

※光栄軒について詳しく書かれた先駆者の記事がありました。ほぼ全メニューを制覇した?猛者の方のようですw

sanadado.blog.so-net.ne.jp

 

また、NAVERまとめでも取り上げられるなど、大食いファンには必見の店と言えるでしょう。

matome.naver.jp

店舗情報

営業時間  平日 11:00~22:00 土・日11:00~20:00(祝祭日は22:00)

定休日 月曜日

電話 03-3806-4924

住所  東京都荒川区荒川2-4-3

最寄駅 町屋駅(東京メトロ千代田線、京成本線都電荒川線)、JR三河島駅都電荒川線 荒川区役所前

喫煙 喫煙可

Wi-Fi なし

クレジットカード 不可

【室蘭】英国館

長らく更新が滞ってしまいましたが、ぼちぼち再開したいと思います。まずは先月の旅行で訪れた、北海道は室蘭の喫茶店をご紹介。

 

f:id:juneflyday:20170626225840j:plain

ここも偶然TwitterのTLから知ったお店。ワインレッドの椅子と暖色系のランプに妙に心惹かれ、道南に行ったついでに立ち寄ってみた。

 

f:id:juneflyday:20170626225841j:plain

室蘭駅も程近い古いビルの1階にある、「英国館」。

 

f:id:juneflyday:20170626225845j:plain

インテリアは上品な喫茶店そのもの。レトロさを感じさせながらも清潔に保たれ、所々補修されているように感じた。

 

f:id:juneflyday:20170626225842j:plain

平日の昼間なのにカウンターは常連さんらしき人々でいっぱい。やはりワインレッドの椅子が印象的。

 

f:id:juneflyday:20170626225843j:plain

昼時だったのでハンバーグセットを。日替わりランチにはコーヒーor紅茶が付くけど、こちらはコーヒーは別途注文が必要らしいorz

 

f:id:juneflyday:20170626225844j:plain

ここまで来たのでコーヒーもいただきました。

ここのマスターは女性で、一人で切り盛りしているそうで、以前は東京にお住まいだったそう。スカイマークの機内誌でウチが紹介されたの~、としばしお話させていただきました。

 

f:id:juneflyday:20170626225847j:plain

Twitter情報では2階席が特徴的なようなので、2階も撮っていい?と聞くと快く承諾してくれました。

 

f:id:juneflyday:20170626225848j:plain

2階は人が少ないせいかかなり場末感があるものの、これはこれで純喫茶らしくて良いなと。

 

f:id:juneflyday:20170626225850j:plain

照明が暗めなせいか、妖しい洋館のような雰囲気すらありますw

 

f:id:juneflyday:20170626225851j:plain

1階はレンガが見えたり温かみがあるのに対し、2階は純喫茶ファンとしては興奮モノの妖しいワインレッドが楽しめます。

 

f:id:juneflyday:20170626225852j:plain

室蘭や近隣を通ったら、訪れておきたい喫茶店の一つです。マスター曰く、店の裏手にある神社からは室蘭市を一望できるらしいですよ!

店舗情報

営業時間 8:30~20:00 

定休日 日曜日

電話 0143-24-1017

住所 北海道室蘭市幕西町1-1

最寄駅 室蘭駅

喫煙 全面喫煙可

Wi-Fi なし

クレジットカード 不可